葉酸サプリ

赤ちゃんにとっての葉酸の役割

 

葉酸と呼ばれる栄養素が赤ちゃんの成長に深く関わっています。 葉酸は新しい細胞を作るときに必要な栄養素です。特に妊娠の初期(妊娠12週まで)においては欠かすことの出来ないものです。妊娠に伴って葉酸の需要、消費量は高まります。その為、意識的に摂取しなければならないものと言われています。

 

葉酸の欠乏症に陥れば、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を引き起こす可能性が高まることが知られており、その生育を著しく損なう恐れがあります。

神経管閉鎖障害といういかにも恐そうな名前も葉酸の認知度を上げる一因になっているのかもしれません。 神経管とは脳や脊髄の元です。これが十分に発達しないということは当然深刻な欠陥となる可能性があります。

 

また葉酸の欠乏は赤ちゃんだけの問題ではなく、悪性の貧血を引き起こすとか、動脈硬化を促進するなど、色々と影響はあるようです。

 

しかし、多くの女性にとって、葉酸の欠乏が赤ちゃんの成長に関わるという部分が一番気になるのではないでしょうか。それも体の中で特に大切な脳や脊髄の成長に関わるのですから、軽く捉える訳にはいきません。

 

葉酸の効果的な摂り方

 

葉酸をどうやって摂れば良いのかということはいろいろな本やサイトで解説されています。 葉酸は貝やレバー、牛乳などの乳製品、卵黄、豆類、ほうれん草やブロッコリー、かぼちゃなどの緑黄色野菜、果物など、たくさんの食品に含まれています。つまり、もりもりとバランス良く食べていれば簡単には欠乏しません。

 

しかし、妊娠となると食事だけで葉酸を摂取するのは、少し難しいようです。 新しい命を一から形作るのですから、普通に暮らすよりは多くの葉酸を必要とするからです。だからこそ、妊娠したばかりの方や妊娠を計画している方は意識的に葉酸を摂取し、それに備えておく必要があります。

 

葉酸を摂るタイミングは妊娠の少なくとも一ヶ月前から妊娠三ヶ月くらいまでとなります。

どうしてかと言うと、細胞分裂が活発な妊娠2~4週目、神経管が発達し脊髄が作られる妊娠7週目に葉酸が十分にある状態が望ましいからです。だからこそ早めに摂取して、ある程度蓄えておく必要があるのです。

 

厚生労働省では、妊婦さんや妊娠を予定している女性に対し、一日0.4ミリグラムの葉酸摂取が望ましいと指導しています。それも、効率よく摂取するためにサプリメントでの摂取を勧めています。また、0.4ミリグラムというのは、普段の食事で摂取出来る葉酸の量を見込んでの値です。

 

実際にはもう少し葉酸を摂取したほうが良いのです。 しかし、当然ながら葉酸だけあれば良いと言うのではありません。色々なものをバランス良く食べて、総体的に健康であることがベストです。そして、サプリメントはあくまで補助的にというのが基本姿勢です。