葉酸サプリ活用のメリット

葉酸サプリ活用のメリット

 

妊娠した場合、積極的に葉酸サプリを摂取することが適しています。
その理由は、赤ちゃんを先天性の障害から守ってあげるためです。
特に、妊娠の初期段階に摂取することが大切であるということを頭に入れておきましょう。
葉酸サプリを服用すると、神経に障害が発生してしまうリスクがおよそ50%から70%減ります。
こうしたことから妊娠の初期段階に葉酸サプリを摂取した方が良いとされています。
しかし、染色体異常のリスクを減らす効果はないため、ダウン症などを予防するということには繋がりません。
そして、貧血の予防にも効果があります。
女性は、貧血の症状に悩む機会が多いという特徴があります。
特に、妊娠中の場合は胎児に対しても多くの栄養素が供給されるためより一層貧血に陥りやすいと言えます。
要因は、鉄分が不足していることや体力が不足していることなど様々ですが葉酸サプリには貧血の症状も予防してくれます。
葉酸サプリは、赤血球を作り出すことをサポートする作用があります。
そのため、貧血が起こりやすい方は食事とともに葉酸を取り入れることで貧血を予防することができます。
また、他の栄養素もバランス良く摂取することでさらに効果的になるというメリットも覚えておきましょう。

 

葉酸サプリで妊娠しやすい基礎体温に

 

妊娠できなくて悩んでいる人は、まず基礎体温を上げることが重要です。近年は昔と比べて生活が便利になった反面、体を動かす機会が減って空調なども整っているため低体温の人が増えています。
低体温は身体の血流を悪くし、女性ホルモンの分泌を阻害してしまうため月経不順や卵巣機能の低下など様々な症状を引きおこし、不妊の原因の一つだと考えられています。そのため妊娠しやすい体作りをしたいならば葉酸サプリを利用して基礎体温を上げるのがおすすめです。
葉酸サプリには葉酸と呼ばれるビタミンBの一種が豊富に含まれているため、血液を増やす作用が期待できます。血液が増えるとその分血流も良くなり、基礎代謝がアップして基礎体温も高くなる効果が期待できるのです。
そうすると女性ホルモンの分泌量が増えたり、子宮や卵巣の機能が良くなるなど不妊解消に効果的な作用をいくつも実感する事が可能になります。
また葉酸サプリには胎児の発育に重要となる栄養素が豊富に含まれているため、仮に妊娠できた場合の胎児の影響補給を行うことも出来るでしょう。葉酸サプリを利用するときには厚生労働省が推奨する一日の葉酸摂取量目安をどの程度満たしているかに注目すると安心して利用出来るでしょう。