葉酸サプリを妊娠前から飲む理由

葉酸サプリを妊娠前から飲む理由

 

妊娠したら葉酸を積極的に摂りましょう、ということは広く知られるようになりました。
葉酸が不足することで、赤ちゃんが先天性の障害や奇形になる危険性があると言われており、しっかりと葉酸を摂取することが望ましいとされています。
しかし最近では妊娠してから葉酸を摂取するのでは遅い、という見解もあります。
その理由は、葉酸が必要なのは妊娠の初期よりももっと初期の段階だからです。
受精卵が着床し、細胞分裂が盛んに行われる妊娠3ヶ月頃までがもっとも葉酸を必要とする時期だと言われています。
妊娠3ヶ月というと、医療機関を受診したときにはすでに過ぎていた、ということも珍しくありません。
そのため妊娠前から葉酸を摂取することが勧められています。
葉酸は葉物野菜や海藻類に豊富に含まれていますが、1日に必要な量を食事から摂取することはとてもむずかしいことです。
葉酸サプリなら決められた量を飲むだけで、1日に必要な量を摂取することができるのでとても手軽です。
葉酸サプリには女性に嬉しい美容成分が配合されているものも多く、赤ちゃんを迎える準備と言うだけでなく、健康や美容のサポートにもなりますので、気軽に飲むことができるのでおすすめです。

 

葉酸サプリを摂取した際の蕁麻疹

 

胎児の正常な成長の為にしっかりと摂取しておきたい栄養素が葉酸です。
妊娠初期に必要な栄養素として有名ですが、妊娠を考えている場合、妊娠前から積極的な摂取を考えておくと、着床しやすい体を作ってくれる効果があります。
更に、出産後、授乳期間もしっかりと摂取しておく事で、赤ちゃんの成長を助ける事が出来るようになります。
毎日、必要な量を摂取していく為には、葉酸サプリが有効となりますが、この際に気をつけておきたいのが、過剰摂取です。
葉酸は水溶性ビタミンの為、過剰摂取になっても、必要な量以外は数時間で体外に排出されてしまいます。
ただ、一時的な過剰摂取により、蕁麻疹等の症状が現れる事があります。
一般的な葉酸サプリには400μgの葉酸が含まれており、1000μgを超えると過剰摂取となります。
葉酸は野菜等にも多く含まれていますが、野菜の場合、サプリと合わせて摂取しても、簡単には過剰摂取になりません。
それに対して、牛や鶏、豚等のレバーは、野菜以上の葉酸が含まれており、単品でも量が多ければ過剰摂取になりやすく、サプリと合わせて摂取をすると、蕁麻疹等の症状を引き起こす原因となります。
ですから、葉酸サプリを摂取する場合、食品の葉酸の量に注意をしておく事が大切です。