葉酸で健康維持

葉酸で健康維持

 

葉酸は、ほうれん草や春菊、ブロッコリーなどに多く含まれるビタミンB群の一つです。
ぜんまい、わらび、ふきのとうのような春の山菜にもたくさん含まれています。
この栄養素はDNAの生成や細胞分裂に大きく関わっており、神経管欠損症のような赤ちゃんの先天性奇形を予防する効果も期待されています。
そのため、妊娠前・妊娠中の女性は特に意識して摂取したほうがよいとされているのです。
また、葉酸にはそれ以外にもさまざまな病気の予防効果があるといわれています。
その一つが、貧血です。
葉酸は正常な赤血球を作るために必要な栄養素で、これが不足すると悪性の貧血に陥ってしまいます。
さらに、心臓病や動脈硬化の予防にも有効とされています。
ビタミンB12とともに、心臓病や動脈硬化のリスクを高める血中のホモシステインというアミノ酸を無害なものに変える働きをしてくれるのです。
この栄養素が不足すると疲れやすくなったり、精力が減退したりと日常生活に支障をきたすこともあります。
特に飲酒の習慣のある人は欠乏症に陥りやすいので、注意しましょう。
葉酸は熱に弱く水に溶け出す性質のため、生の野菜や果物で摂取するのがおすすめです。
また、妊娠前・妊娠中の女性はサプリメントなども活用し、積極的に取り入れるようにしましょう。